ヒト幹細胞培養液と植物幹細胞培養液の違いとは?効果に違いがある!?

こんにちは。最近、○○幹細胞培養液をよく聞きます。幹細胞培養液と言われると、なんだか難しいイメージがあって、今ままで気にかけていませんでした。

しかし、調べてみると簡単だったので、今日のブログで紹介したいと思います。

主に幹細胞培養液には、動物由来・植物由来・人由来があるのですが、このブログでは、植物幹細胞培養液とヒト幹細胞培養液の違いについて、紹介していきたいと思います!

植物幹細胞培養液とは

植物幹細胞培養液とは、「植物」の「幹細胞」の「培養液」の事を言います。突然そんな事を言われても、意味が分からないと思うので、詳しく説明します。

まず、「幹細胞」からお話します。幹細胞とは、「幹」となる「細胞」の事を言い、細胞の再生や組織の入れ替わりの維持など、細胞の全てを支える細胞の事を言います。

木の幹を想像していただけるとわかり易いと思うのですが、木の枝を折ったり、葉っぱをもぎ取っても、また木の幹から生えてきますよね。

でも、折られた木の枝や葉っぱはそのままにしておくと、枯れてしまいますよね。それは、木の幹から栄養が送られず、細胞が死んでしまっているからです。

木の幹が葉っぱや木の枝に、栄養を送る重要な役割を担っているのと同様に、幹細胞は細胞に対して重要な役割を担っていて、とても重要な細胞です。

そして「培養液」とは、培養のために調整された液体の事を言います。幹細胞培養液の場合、幹細胞を培養するために用いた、培養液の事を言います。

幹細胞を培養する際に、細胞を活性化する、「EGF」や「FGF」、「サイトカイン」という成分が大量に分泌されるので、よく化粧品に使われるんです。

最後にまとめると、「植物」の「幹細胞」の培養するために使用した「培養液」の事を、植物幹細胞培養液と言います。

ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞培養液の考え方も、植物幹細胞培養液と同様の考え方です。

つまり、「人」の「幹細胞」の調整に使用された、「培養液」の事を言います。

幹細胞培養液の種類によって効果に違いがある?

植物幹細胞培養液で得られる効果

植物幹細胞培養液で得られる効果は、大きく4つあります。

①抗酸化作用

細胞が酸化する事によって、老化やシミ・シワ・肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。その為、酸化を防ぐことでお肌の、アンチエージング作用が期待できます。

②コラーゲン増加作用

コラーゲンには、肌の水分量を保持して、肌の潤いを保つ機能があります。その為、コラーゲンの増加により、潤いのある肌になれる事が期待できます。

③メラニン生成抑制効果

細かい説明を省きますが、メラニンの生成によってお肌に、シミができやすくなってしまいます。そのメラニンの生成を抑制する事で、シミなどのお肌トラブルを抑制できることが期待できます。

④アクアボリン3活性効果

皮膚の細胞膜に存在するアクアボリン3という、たんぱく質があります。このたんぱく質は、皮膚の表層近くの血管が通っておらず、水分や栄養分が運搬されない細胞に、水分や栄養を運搬する機能があります。

この、たんぱく質、すなわち、アクアボリン3を活性化する事によって、皮膚の保湿や弾力を保つ効果を期待できます。

ヒト幹細胞培養液で得られる効果

ヒト幹細胞培養液で得られる効果としては、エイジングケアがあげられます。ヒト幹細胞培養液は、細胞の活性化の効果があるためです。

細胞の活性化によって、肌の抗老化や美白効果、皮膚組織のヒアルロン酸やコラーゲンエラスチンの再生の促進など様々な効果が期待できます。

何故なら、ヒト幹細胞培養液は、細胞の活性化に働きかけるので、年齢とともに衰えた細胞の働きを促進し、若いころの肌の細胞の働きに近い状態に近づける事が出来るためです。

まとめ

・ヒト幹細胞培養液と植物幹細胞培養液の違い。

幹細胞を培養する際に、人由来の肝細胞であるか、植物由来の肝細胞であるかの違いです。

・効果の違い

効果の現れ方に違いがあります。人由来の幹細胞の方が、人の肌との調和性が高く、植物由来のものより、高い効果が期待されています。

ヒト幹細胞培養液では、細胞そのものの活性化が期待できるので、自分の本来の肌が活性化され、効果の高いアンチエージング効果が期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました